歴史 | ビアン同士の出会い、セフレ探しの現状

歴史

そもそも、ビアンとはどうしてこう呼ばれるようになったのでしょう?
これは、レズビアンの略称で、元々はレズと呼ばれていました。
しかし、これはホモと同様に差別的な意味を込めて使われる事が多かったがゆえに、ビアン呼びが流行し現在に定着しています。

けれども、今では割と広い世代に同性愛者に関しての差別や軽蔑の目と言うのは薄くなってきています。ですので、レズ、ビアン、レズビアンの呼び方にこだわっている人も減ってきています。
このような同性愛的な思考は、古代ギリシャからあったと言われています。
日本では、ビアン文化よりも男色文化の方が有名でしたので、あまり歴史的には解明されていない事も多いのですが、江戸時代には既に存在していたと言われています。
女牢の中では日常的に同性愛的な行為が行われていたと言われていますし、大奥の中にもこのような人達はたくさんいた事が文献にも記されています。

当時は現在のような感覚はありませんでしたので、昔の方が同性愛に関しては寛大だったのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加